蛇石といわれる置物
自然にできた模様だが
信仰の対象白蛇に
似ていることから
蛇石として祀られた


蛇が神の使いとされるのは、蛇自身がすぐれた霊力を持っているからだ。陰陽師はこの霊力を、術のなかで巧みに利用してきた。
たとえば「蟲毒」という術がある。「蟲」という文字は、「虫」が集まる様子を表している。ただし、「虫」といっても昆虫ではない。「虫」という文字は、頭が大きくてグロテスクな蛇、マムシが鎌首を持ちあげた姿なのである。
この術では文字どおり、蛇やムカデなどの「虫」を壺に閉じ込め、共食いさせて生き残ったものだけを「神霊」として祀る。生存競争に打ち勝ち、「神霊」となった蛇の力を利用して術をかければ、災いも幸福も自由自在に操れるというのだ。
と聞くと、なんともおぞましい術だと思われるかもしれない。しかし、蛇の霊力そのものには、善や悪といったベクトルはないらしい。成道師はそれを、こう説明する。
「蛇というと、どうしても邪だとか、冷たいだとか、マイナスのイメージが先行します。でも、蛇そのものが邪悪な存在なのかというと、決してそんなことはありません。
もちろん蛇には、相手を襲う凶暴性もあります。蟲毒に使われるのはそのせいです。しかしその凶暴性は、生存本能に素直だということでもあるわけです。逆の見方をすれば、そんな使われ方をするほど蛇の霊力は強い、ということの証明なのです」
これにはもう少し、説明が必要かもしれない。
成道師は、陰陽師が動物の霊力を術に利用するときに重要なのは、なんといっても性質が素直であることだという。ただ単に霊力が強いだけなら、キツネやタヌキも相当な強さがある。しかし、これらの動物は性質にクセがありすぎて、術者のいうことを聞かないことが珍しくないというのだ。
しかし、蛇はそんなことはまったくない。陰陽師のどんな要求にも素直に応えてくれる。呪いと護身という相反する目的であっても、同じように力を発揮する。
「素直だということは、陰陽師の念を込めやすいということでもあります。力が強くて扱いやすいわけだから、蛇は術には最高なのです」
成道師の言葉をかりれば、蛇の霊力は「術の力を強める増幅剤、あるいはブースターとして最適」なのである。
 
 
 
  こうした蛇のすぐれた霊力は、死んで革になっても変わらない。その性質を利用したのが、蛇革の財布だ。  成道師はいう。
「蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運が上がる、という話を聞いたことがあると思います。これはまぎれもない事実で、実際、蛇革の財布を持つと、それだけで金運や財運は上昇するのです。
そのなかでも白蛇の霊力は別格とされてきました。昔から、白蛇を見つけたら絶対に逃がさず、家の守り神として大切に扱えといわれてきたことからもそれはわかります」
蛇が金運を招くのは、獲物を丸呑みするという能力に由来する。なかでも白蛇は神の使いとされているから、神の力を宿した生物(白蛇)がすべてを丸呑みにする――あらゆる財宝をごっそり運んできてくれる――ということだ。
とはいえ、現代の住宅環境においては、白蛇はもちろん、ふつうの蛇の抜け殻でさえそう簡単に見つかるものではないだろう。
しかし、心配はいらない。白蛇はあくまでも理想であって、実際には白味をおびた蛇革の財布を手にできれば、それで十分なのだと、成道師はいうからだ。
ならば、世の中にある蛇革の財布はすべて、持ち主に十分な金運を呼び寄せているのだろうか。いや、残念ながらそうはいいきれないようだ。
「奇妙に聞こえるかもしれませんが、財布になった段階ではまだ、蛇は自分にどんな力があるのかを認識していないのです。ですから私たち陰陽師が、それを蛇に教えることで方向性を示し、術として完成させる必要があります」
成道師はそのために、蛇革の財布ひとつひとつに念を込める。強力な蛇の力を、財布の持ち主の金運上昇という目的に集中させるように方向づけをするのだ。
それだけではない。
これではまだ、財布は特定の「主人」を持たない。そこで、蛇の力によって得られた財が、財布の持ち主に対してより強く働くようにするために、成道師は持ち主となる人物の御度を読みとり、ひとりひとりに護符を書くのである。
この護符を常に財布のなかに入れておくことで、水の陰陽師・安倍成道師謹製の「陰陽蛇革財布」が完成する。実際、この幸運を招くアイテムは、月刊「ムー」(学研プラス/2016年1月号)でも紹介され、大反響を呼んだ。
まさに金運を招き、成功をもたらす、唯一無二のアイテムなのである。